【レビュー】「無印良品 スマートフォン用防水ケース」付け外しが簡単で使いやすい!

無印良品のスマートフォン用防水ケースを購入!

無印良品の「スマートフォン用防水ケース・大 MJ‐WPC2」という、非防水スマートフォンをお風呂などで使えるようにするケースを購入しました。

前にもビニール整の防水ケースを使っていましたが、ボロボロになってきて、浸水に危険性もあるので、買い換えることに。

無印の防水ケースを選びんだ理由は、着脱がしやすく、使いやすいと評判も良かったからです。

また、サイズは「普通のサイズ」と「大サイズ」の2種類あります。私の使用しているiPhone6sだと、普通のサイズでも対応と書いてありますが、ケースを装着していると、この防水ケースに入らないそうなので、「大サイズ」を選びました。

レビュー

外観

本体はプラスチックのフレームでできています。防水ケースで多いビニール整と違い、頑丈そうです。

三つのロックを外すと、パカッと開きます。簡単に外せます。

画面側は柔らかいゴム素材

スマートフォンの画面側の表面は、透明なゴム素材になっていて、スマートフォンの画面に密着する構造になっています。

あまり力を入れると破れそうなので、注意して使わないといけませんね。

iPhone6sを装着

開いたケースの上に、ケースの中心になるように置き、フタを閉めます。

閉めたら、三つのロックを閉めれば、装着完了です。

装着した状態です。

「大サイズ」なので、かなり余裕がありますね。大サイズでは、iPhone6/6s/7 Plusの大きいサイズのiPhoneでも使用可能です。

ケースの裏面。写真撮影も可能

ケースの裏面は、表面のゴム素材とは違い、プラスチック素材です。

リブでカメラが隠れないように装着することで、写真の撮影もできちゃいます。
海水浴などで写真を撮りたい時などにいいかもしれませんね。

使用感

指の滑りはあまりよくないけど、普通に使える

装着して使ってみます。

画面側がゴム素材のため、指の滑りはいいとはいえません。ただ、お風呂で濡らした指だと、滑りがよくなり、そんなに違和感なく使えました。

iPhone7はホームボタンが押せない

iPhone6sまでのiPhoneは問題なく使えますが、iPhone7からホームボタンが「感圧式ホームボタン」になり、このケースのゴムの上から押しこもうとしても、押せなくなりました。

でも安心して下さい。「Assistive Touch」という、画面上にホームボタンを表示させて使うことができる機能を使うことで、iPhone7でもホームボタンを使うことができます

このやり方は近々詳しく紹介します。

サイドの電源ボタン、音量ボタンは押せない

サイドボタンが押せないので、音量を変える時や、画面を消す時は、画面からの操作で行わないといけません。

ただ、こちらも先ほど少しお話させてもらいました「Assistive Touch」で代用可能です。

お風呂でも快適に使える!

お風呂で濡らしてもまったく問題なく使用できました。

前のビニール整のケースよりも使いやすく、安心して使えます。

4.まとめ、感想

無印良品の防水ケースは、買って非常に満足する商品でした。

なんと言っても、着脱がとても簡単で、お風呂に入る時もサッとスムーズに装着できます。前のケースは外す時のロックがかなり硬くて、爪が割れそうになるくらい苦労しました。

1つ心配なことは、表面のゴムが破れたり、劣化しないかということです。説明書には、ゴム製のシートを取り外して、手入れする方法も書いてありましたが、どのくらい持つのか心配ではあります。

もしかしたら、予備品として2,3個買ってしまうかもしれません…w

iPhone7は防水仕様になりましたが、完璧な防水ではないので、お風呂などで使用する時は防水ケースの着用をオススメします。