【レビュー】「Anker PowerCore Fusion 5000」AC充電器とバッテリーが合体!?

荷物を減らせて、旅行・出張に大活躍なアイテム

61fk01xEZbL._SL1000_

Ankerから、モバイルバッテリーと急速充電器を一体化させた「Anker PowerCore Fusion 5000」が発売されました。

この「Anker PowerCore Fusion 5000」は、USB急速充電器の信頼性とモバイルバッテリーの利便性を組み合わせた商品で、コンセントに直接刺して充電することもできるのです。

これまで「USB急速充電器」と「モバイルバッテリー」の両方持ち歩いていたのが、この「Anker PowerCore Fusion 5000」なら、これ1つでコンセントからの充電と、モバイルバッテリーとしても使えることができます。

そのため旅行や出張などで、荷物が減らせるので、非常に便利です。

バッテリー容量はm5,000mAhで、「iPhone 7」であれば約2回、「iPhone 7 Plus」などバッテリーサイズの大きいモデルでも1回は充電できます。

こんな商品があったらいいなと思っていたところに、まさに理想の商品が発売されたので、速攻でポチってしまいましたw
早速レビューしていこうと思います。

値段は2300円程で買いました。

パッケージ内容、外観レビュー

パッケージ

IMG_0907

いつものシンプルなパッケージです。

セット内容

fullsizeoutput_4b1
  • Anker PowerCore Fusion 5000
  • MicroUSBケーブル
  • トラベルポーチ
  • 取扱説明書
  • 18ヶ月保証
  • カスタマーサポート

Ankerのモバイルバッテリーを購入すると付いてくるポーチが、今回も付いてきました。

本体写真

IMG_0915IMG_0916

プラスチック製の本体で、AnkerのPowerCoreシリーズと同じようなデザインになっています。

本体右側にある、丸いものが電源スイッチで、「ANKER」ロゴと電源スイッチの間にある3つの点がLEDになっています。
充電中に点滅したり、バッテリー残量を確認することができます。

fullsizeoutput_4ac

出力用のUSBポートが2個あるので、2台同時に充電が可能です。

一番下のMicroUSBポートは、この「Anker PowerCore Fusion 5000」を充電するための入力口です。

IMG_0919fullsizeoutput_4ad

折りたたみ式のコンセントプラグを内蔵が内蔵されていて、使うときに以外は閉まっておけます。

大きさ

サイズは約72mm x 70mm x 31mmです。
バッテリーとの比較

IMG_0931

手に持った状態
プラスチックで角が丸くなっているので、手に馴染みやすい形状です。

IMG_0921

ライターとの比較
ライターを持っていますが、タバコは吸いませんw

IMG_0287

iPhone6sとの比較
幅は同じくらいで、高さはちょうど2倍くらいです。

重さ

IMG_0929

重さは186gでした。結構軽めで他のモバイルバッテリーと同じくらいの重さではないでしょうか。

「Anker PowerCore+ 10050」との比較

IMG_0927

前から愛用している「Anker PowerCore+ 10050」と比較してみます。

「Anker PowerCore+ 10050」は10000mAh以上のバッテリーで、この商品の2倍くらいの容量を積んでいます。

「Anker PowerCore+ 10050」は細長いですね。

IMG_0928

コンセントを搭載している「Anker PowerCore Fusion 5000」のほうが1.5倍くらい厚いです。

IMG_0930

2倍のバッテリー容量を積んでいる「Anker PowerCore+ 10050」のほうが、50gほど重い。

専用ポーチも付属

IMG_0923IMG_0924

専用のポーチが付属するので、本体とケーブルを一緒に入れることができます。

このポーチは意外と便利で、傷防止にもなります。

使ってみた

1.モバイルバッテリーとして使用

IMG_0296

Lightningケーブルは付属していないので、iPhoneと接続する場合は、別にLightningケーブルを用意する必要があります。

iPhone本体に付属のLightningケーブルでもOKです。

私は前から持っていた、同じAnker製のLightningケーブル使用しました。ケーブルが丈夫で断線しにくいので、モバイルバッテリーと相性がいいです。

2.「スマートフォン」+「PowerCore Fusion 5000」を一緒に充電

fullsizeoutput_4b3

「Anker PowerCore Fusion 5000」の一番のメリットはこの機能です。

コンセントからiPhoneを充電できるだけでなく、「Anker PowerCore Fusion 5000」のバッテリーも一緒に充電ができてしまいます。

同時に充電するわけではなく、接続しているスマートフォンを先に充電し、スマートフォンの充電が終わると、次に「Anker PowerCore Fusion 5000」本体のバッテリーを充電し始めます。

モバイルバッテリー用の充電器が不要なのは素晴らしい。

3.PowerCore Fusion 5000のみの充電 ※充電方法は2方法

コンセントから充電

fullsizeoutput_4ae

先ほどの、iPhoneをコンセントから充電するのと同様に、「Anker PowerCore Fusion 5000」をコンセントに直接刺して充電する方法です。

USBケーブルから充電

fullsizeoutput_4b0

MicroUSB端子にUSBケーブルから充電することもできます。

コンセントがなく、パソコンなどから充電したい場合に使えますね。

まとめ

IMG_0297

今までの持ち物

  1. iPhoneの充電器
  2. Lightningケーブル
  3. モバイルバッテリー
  4. モバイルバッテリーを充電するためのMicroUSBケーブル

「Anker PowerCore Fusion 5000」を買ってからの持ち物

  1. Anker PowerCore Fusion 5000
  2. Lightningケーブル

 

旅行、出張の時の荷物ですが、「Anker PowerCore Fusion 5000」を買ったことにより、4つのアイテムを、たったの2つに減らすことができました。

モバイルバッテリーの充電が切れそうな時も、コンセントさえあれば簡単に充電することができますし、スマートフォンと一緒に充電ができるのが本当に楽で簡単です。

旅行や出張の荷物を1つでも減らしたい方に特におすすめしたい商品です!